メタルドリルビットは、穴の中心を見つける際に使用されます

メタルドリルビットは、スポットセンターで使用されています。格安ドリル研磨機を購入する多くの現代の固体炭化物のビットは、特に独自の開口部を始めるために開発された固体炭化物のビットであるため、スポットドリルビットまたはファシリティドリルビットと一緒に使用する必要はありません。一般に、領域探査は、確かに、固体炭化物の早期破損と、開口部の最高品質の特定の損失を生じさせるであろう。ソリッド・カーバイド・ドリル・ビットを使用する場合、場所や設備のドリルで開口部を少し面取りすることが不可欠とみなされる場合、開口部を穿孔した後に行うのが最善の方法です。コーティングを施した超硬合金ビットをビット研削機研削すると 、そのコーティング膜はなくなる。上記は典型的な使用センターのドリルビットですが、実際には不正確な方法であり、製造用途については考慮する必要もありません。一般的に穿孔された開口部(高速スチール(HSS)スピンドリルビットによって穿孔された開口部)を始めるための適切な装置は、スポットドリルビット(または米国で参照されるスポットドリルビット )である。スポッティングドリルビットの角度で構成されているため、標準ドリルビットと同じかそれ以上の高さが必要です。ドリルビットが確実に小さなビットのエッジに不必要な不安を抱かせることなく確実に開始されます。小さなビットとオープニングの高品質の損失。標準的なスピンドリルビットは、実際に準備されていない表面領域で開始されたときに逸れてしまう傾向があります。少し迷子になるとすぐに施設に戻すのは難しいです。ファシリティドリルは、定期的に手頃な価格の開始要因を提供します。その理由は、簡単であるだけでなく、結果的に、ボーリングが開始されると実際には迷子になる傾向が低下するからです。ハンドヘルドドリルで穿孔すると、そのビットの多様性は不正確さの主な原因ではなく、顧客の手です。したがって、そのような手順では、パイロット開口部を穿孔する前に、開口施設を特定するために施設ストライキが一般に使用される。

Posted in 技術 and tagged , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です