ドリルビットを改善する最善の方法

多くのドリル問題は、信頼性の低い照準から発達します。正しいドリルを目指すことは確かに優れたレベルでドリルのダメージを除去し、また正確な開口部を確保します。ピアスの指示は、ピアスされる製品に依存して多様でなければなりません。一般的なファンクションドリルは、12°から15°のクリアランス角度と125°から135°のカーブサイド角度で構成されたファクタ角度118°を備えています。多くのドライバーは実際に完全に手の照準が必要な能力を実際に持っていない、基本的なドリル指向装置を使用することが非常に示唆されています。ドリルは、製造施設で118°の角度に向けられた機器で、適切な角度と一定のファクタ角度、同等の切断唇、および正しい彫刻の角度を保証します。 ドリルビットを改善する最善の方法 基本的な目的の穿孔では、角度からなるファクタ角度118°が推奨されます。因数の角度はむしろ1つの方法でも異なってもよいが、両方の唇において一貫していなければならない。スピンドリルファクタ研削スケールは、両方の縮小唇のファクタ角度を調べるために使用すべきである。 ケア:高速スチール(HSS)ドリルを完全に乾式研削して磨くと、暑すぎないように保護する必要があります。ドリルが暖かいも取得した場合は、水で冷却しないでください、それでもそれは空気中でそれだけで素晴らしいことができます。水や他の様々な冷却ツールでのHSSドリルの予期しない空調は、通常、研削破壊を発生させ、リップの減少やドリルファクタの分割を引き起こす可能性があります。リップを減らすリップリップは同等のサイズでなければなりません。係数の角度が両側で同等であるにもかかわらず、唇のサイズが同じでない場合、彫刻面は確かにメインではなく、ドリルは確かにオーバーサイズを減らします。減量する唇のサイズを調べるには、範囲を使用する必要があります。唇のクリアランス刃先が作業に入ることができるように、刃先の後ろに十分なクリアランスを与える必要があります。通常の作業では、角度が正確ですっきりしていて、切れ刃の正しい形状の後部がなくても切れ味が悪化している場合は、通常9°〜15°のリップクリアランスで十分です。

Posted in 技術 and tagged , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です