ドリルビットの故障モード[2]

ドリルビットにはいくつかの障害モードがあります 。 PURROSは、以下の状況を要約します。

エッジの摩耗

ドリルビットの故障モード:エッジ摩耗 原因 1.剛性があり、十分にタイトではありません。2.大きすぎます。3.反転円錐が小さすぎます。4.クーラントオイルが不足しています。

ツールの背面にはストライプがあります

ドリルビットの故障モード:工具の背面にはストライプがあります 原因 1.剛性があり、十分にタイトではありません。2.大きすぎます。3.間欠的な切断4.廃棄グラインダ片(冷却液の追加)

チゼルエアの摩耗

ドリルビットの故障モード:チゼルエッジ摩耗 原因切断速度が遅すぎます。フィードが速すぎます。切れ刃の角度が大きすぎます。

接続ポイントのクラック

ドリルビットの故障モード:接続点の亀裂 原因リップリリーフ角度が小さすぎる切れ味が大きすぎる切削工具を誤って選択する

工具のノーズは塑性変形する

ドリルビットの破損モード:工具の先端に塑性変形がある 原因 1.切削速度が速すぎる2.冷却が不十分である3.面取りエラーまたは切削関連する項目: ドリルビット の故障モード [1]ドリルビット の故障モード[2]

Posted in 技術 and tagged , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です