ドリルとビットと使用上の注意を理解する

掘削は文明的な生活の不可欠な部分であり、我々は単にそれなしではできない活動です。したがって、適切な場所で正しくドリルする方法を理解することが不可欠です。これにより、間違った穴あけの結果として発生する可能性のある合併症や、作業中の工具や材料に損傷を与えないようにすることができます。間違った掘削技術を選択することによって損失を被ることがないことを保証することに加えて、安全性はドリルとビットを理解する利点ともみなされます。 ドリルビット材料と鋼掘削はあらゆる材料に対して行うことができます。したがって、あなたが掘削している材料が少し選択されるときには、あなた自身が心配すべきです。柔らかい素材を掘削するには、ほとんどのビットを選択できます。しかし、アクリルやガラスのような脆い硬質のものについては言えません。しばしば特別に設計されたビットを選択する必要があります。ビットは、それらが異なるように設計されているという点で、さらに互いに異なる。荒い穴を削るように設計されているものもあれば、清潔な穴にもっと傾く傾向があり、精度と仕上げの優先順位を決めるものもあります。あなたの選んだビットで手に入る最高の穴あけ工具を選ぶことは、おそらくドリルを開始する前に最後に行うべき重要な決定です。 ドリルビットを開始する前に、ビットがまっすぐに固定されていることを確認して、 ドリルビットを迅速に破損しないようにする必要があります。この予防措置は、穴をあけることなくドリルを動かすことによって行うことができます。ビットがぼんやりとした円錐に変わった場合、またはビットがまっすぐでないため、再び固定する必要があります。ほとんどのドリルビットの設計は、時計回りに回転することですが、これは可逆ハンドドライバーの存在の結果として大きな問題ではありません。シャンクビットがドリルチャックに完全にフィットすることを確認する必要があります。シャンクビットは、ほとんどが形状の六角形または丸みを帯びています。これにより、前者は硬質材料を掘削するのが難しく、後者ははるかに信頼性が高い。ドリルの速度は、硬質材料で作業する場合や大きなビットを使用する場合に特に考慮する必要がある別のものです。これは、変色したチップや煙のような兆候が目に見えるようになると、あなたが練習を遅らせることを要求します。しかし、ほとんどのドリルは、彼らが減速するときに十分なパワーを提供しません。予防策として、あなたが扱っているほとんどのツールは、あなたの全体重に傾くのではなく、少しだけ安定した圧力を加えることが必要です。後で自分自身を見つけ、ツールがそれ自身でほとんどの仕事をしていないことが分かった場合は、間違った種類のビットを使用して素材をカットするか、ビットが鈍っていることを意味します。大きなフォースナービットのような実際に圧力を要求するツールを除いて、いくつかの例外がありますが、他のツールに関する上記の予防措置を一般に守るべきです。 あなたのドリルビットが鈍くなったら、どうしたらいいですか? ドリルビットグラインダーは、あなたのドリルのための家庭医です。私たちの入力ドリル研磨機の製品の PAGの電子を 、それを理解すること。 私たちはプロのドリル加工機メーカーです。我々は生産ドリルビット研削盤を開発し、品質は、大量注文を歓迎する保証されています。

Posted in 技術 and tagged , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です