ドリルビットシャープナーを選択してドリルをシャープにする理由

ドリルビット研削盤を選択すると、ドリルビットの重要な役割を果たします。ドリルビットの最高品質のコレクションは、特にあなたがそれらの多くを取得する場合、あなたの財布にかなり良いサイズの開口部を作ることができます。しかし、彼らは適切な治療を受けていれば、長期間あなたの前にいることが必要です。これを行うには、厳しい状況でそれらを保存する必要があります。状況は、各小さなビットが独立して保持されることを保証するために、異なる所有者または領域を持たなければならない。ドリルをツールキットやキャビネットに少しだけ投げ込んで自由に回転できるようにすると、提案や切れ刃が簡単に損傷したり鈍ったりすることがあります。あなたのドリルの正しい扱いをするために実行すべきもう一つのポイントは、彼らが細かいことを実行できるように、それらを磨いておくことです。ピアスの小さなビットは、もう一度磨かれました。当然のことながら、少し大きくなると、それはさらに発展する可能性があります。付属のプラスは:あなたの小さなビットを常に鋭く保つことによって、あなたは電気ドリルの劣化を本当に保つでしょう。よりシャープな少し滑らかで、またはるかに速く、それは確かに機能します。 あなた自身の上であなたのドリル少しビットを磨くことによって、あなた自身のお金と時間を節約することができます。彼らが明白になるまで待つのではなく、あなたが定期的にあなたの小さなビットを開発することは最高です。退屈なドリルビットは、表面積のある手段を作るのに時間がかかり、最終的には粗い開口部を生成します。ダイヤモンド砥石を備えた電気式ベンチミルは、おそらく、一連のドリルビットを磨く最も良い方法です。カーボンホイールは、さらに開発するのに利用することができますが、より丈夫なルビー同等物に比べてむしろ摩耗します。ミルを利用することで、基準、ブロードバンド鋼の小さなビット、炭素鋼、炭化物、窒化チタン、さらにはコバルトからなるほとんどの種類の掘削を行うことができます。従来のツイストドリルビットを開発するには、当初は目の防衛に取り組むべきです。その後、電気ベンチミルを減速して変換します。あなたの指の間にぴったりと、またはペンチのセットで、その滑らかなベースで少しを保持します。あなたが見ることができるように、ドリルビットは、尾根によって分離された円錐形のデザインのトップを持っています。これは、製品の実際のパンクチャリングを行うコンポーネントです。側面の尾根には追加作業があります。それらの特徴は、ドリルがその方法をその製品と共に機能するようにして作られた削りくずを収集し、保持することである。それで、あなたはこれらの尾根をきれいにしておかなければならないので、彼らは適切に仕事をすることができます。現在、研削砥石が円錐形の頂部の傾斜した側面の間で確かに満足することを確実にするために、角度でドリルビットを保持してください。軽いストレスを加えて、少しずつホイールを変えて少しずつ変えてください。ゆっくりと、その後軽いストレスをもう一度使います。あなたの目的は、コンクリークトップの側面を磨くことです。砥石と同じ高さにすることで上の要素を磨くことは絶対にしないでください!指先を利用してドリルビットの強度を定期的に点検します。ドリルビットの先端が研磨されるまでこの手順を繰り返しますが、あまりにも多くの研磨をしないように注意してください!一度に少しずつ、ちょっとしたことが鋭くなるまでは、確かに仕事が完璧になるでしょう。小さなサイズの小さなビットを掘削するときは、特に慎重でなければなりません。彼らは、明らかに、損傷するのは簡単です。この作業を完了するには、ドリルビットをバイスに入れて、尾根の側面を磨くためにスチールデータを利用する必要があります。尾根が極端に退屈な場合は、むしろ電気ベンチミルを使用することができます。 ドリル研削盤を選択すると、ドリルビットの重要な役割を果たします。私たちはドリル加工機の専門メーカーです。私たちは私たちの商品の最高品質を保証します。

Posted in 技術 and tagged , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です