木製のドリルビット:スプーンビット

同一のスプーンビットは、ウィンザーチェアの座席の裏側のピンを取るために、または環境にやさしい木工作業に家具フレームワークをまとめるときに匹敵するラウンドテノンの仕事のために、主に使用されます。あらかじめ穿孔されたストレートサイドの開口部をリーマ加工するとき、スプーンビットは開口部のすぐ内側に置かれ、好ましいテーパが達成されるまで、木工労働者のサポートとともに時計回りに回転します。強い木材の中に直ちに燃え尽きるとき、ちょっとしたことは直立した状態で始めるべきです。 「レシピ」が実際に開発され、木材ビットが実際に木材に「攻撃」し始めた後、支持材を直立からの木材ドリルビットに変えることによって、退屈な角度を変えることができました。開口部は、任意の種類の発生角度で、指示の全体的な制御と、その指示を自由に変形する能力をもって、任意の種類の木材において、具体的に、容易にかつ迅速に穿孔することができる。 スプーンビットは、支持体と共に利用される従来のボーリング装置である。彼らは決してあらゆる種類のパワードリルで使用する必要はありません。ノーマルサポートビットおよびパワードリルビットよりも重要な利点は、開口部の角度を変更できることです。これはすべての角度が一般的に視線に入っているので、椅子製造においては重要です。もう1つの利点は、リードスクリューを持たないことです。そのため、リードスクリューを反対側から覗かせることなく、椅子の脚で効率的に穿孔することができます。スプーンビットは、刃先内のスリップストーンを使用して現像することができる。屋外の側は決して触れてはならない。スプーンビットには溝付きのシャンクが含まれています。そのシャンクには、スプーンの皿のように形成されています。もっと普通の種類のものは、マイナーな要素で終わったちょっとしたものに似ています。これは、確かに迷路や散歩しない施設を持っているので、オープニングを始めるには実用的です。これらの小さなビットは、椅子の座席や椅子の腕に穴があいているか穴を開けるために椅子製造者によって使用されています。彼らのスタイルは古く、ローマ時代に戻っています。スプーンビットは、実際にはバイキング掘削でも発見されています。現代のスプーンビットは手で鍛造された炭素鋼でできており、非常に慎重に熱処理され、その後は手を伸ばして大きな側面になります。

Posted in 技術 and tagged , , , , , , , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です