基本的な安全性パワードリルを使用するときに覚えておくべきヒント

パワードリルは、木と金属で作業する際に不可欠なツールです。取り扱いが容易で、作業がより簡単かつ迅速になります。それは電気を使用しており、コードレスでもコードレスでもよい。パワードリルを使用して、穴を掘削したり、木や金属の表面にドライバーとして使用することができます。人に怪我をさせるような事故や作業中の材料の損傷を避けるために、この強力なツールを注意して取り扱うことが非常に重要です。電源ドリルを使用したり、保管したりするときに覚えておく必要がある注意事項がいくつかあります。 パワードリル、安全のヒント、ドリルビット、保護服、ドリル加工機、ドリルビットシャープニングマシン あなたの安全ゴーグルを忘れないでくださいパワードリルの操作は、掘削された表面からの小さな残留物を投げます。安全ゴーグルを着用していない場合、これらの小さな粒子が飛び回って目に入ることがあります。あなたの目に木材や金属の粒子がある場合、それは深刻な痛みを伴い、除去するのが難しい場合があります。このような事故に起因する不快感や痛みを避けるために、パワードリルで作業するときは常に、頑丈な安全ゴーグルを必ず1本づつ保持してください。 作業用手袋が重要ですパワードリルで発生する振動は、特に高トルクで使用される場合は強くなります。ドリルと作業面で発生する摩擦によって、高温になってけがをすることもあります。これは非常に重要なパワードリルを使用する場合、厚手の作業手袋を着用することになります。作業手袋は、ドリルがあなたを傷つけるのを防ぎます。また、チャックを緩めたり、ビットを変えようとするときに、ドリルの高温があなたをうろつかせないようにします。 保護服パワードリルで作業するときは、厚手の保護ジャケットを着用していることを確認してください。長い服は作業面に絡みつく可能性がありますので避けてください。さらに、長い髪は拘束されていなくてはならず、腕時計、指輪、ブレスレットなどのジュエリーは着用しないでください。 ドリルを操作する前にチャックがきつく締まっていることを確認してください 。チャックは、使用中にドリルビットを所定の位置に保持するのに役立ちます。パワードリルは通常、キー付きまたはキーレスチャックを備えています。キー付きチャックでは、特殊なキーを使用して、チャックをぴったりと回転させます。しかし、あなたは手でキーレスチャックを締めることができます。すべての掘削作業の後、ドリルビットの取り外しや交換のためにチャックを緩める前に、ドリルの電源を切ってください。ドリルビットが掘削作業の途中で抜け落ちるのを防ぐため、チャックをしっかりと締め付ける必要があり、近くの作業者や人に害を及ぼす可能性があります。 常にジョブ固有のドリルビットを使用するパワードリルで使用するドリルビットがジョブとマテリアルに適していることを確認してください。あなたが間違った仕事に間違ったビットを使うと、仕事はより多くのエネルギーを必要とし、品質は悪くなります。加えて、パワードリルに余分な負担がかかると、機械が損傷する可能性があります。 ドリルビットを変更する前にドリルをオフにするすべてのジョブを完了したら、コードド​​バージョンを使用している場合は電源ドリルをオフにして電源コードを抜いてください。電源ドリルがまだ電源に接続されているときは、ドリルビットを変更しないでください。ほとんどのパワードリルは、通常、ドリルが使用されていないときの事故を防止するために使用できる安全ラッチを備えています。誤って電源ボタンを押すと、重大なけがの原因となります。電源を入れたままにする必要がある場合は、安全ラッチを使用してください。 注意:お使いのドリルビットが鈍いときに、ご利用下さいドリル研磨機ドリルビットシャープマシンを 、それを修復する)とあなたのドリルビットが正常に動作していることを確認してください。ドリルビットを使用した後、それをきれいにしておいてください。

Posted in 技術 and tagged , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です