木の穴を掘る方法は?

木材に小さな穴を開けるには、木材に使用するために特別に設計されたブラッドポイントのドリルビットが必要です。これらのビットは、木材をはがすことなく、ねじやその他の小さな穴のパイロット穴を掘削するのに最適です。 ドリルプレス、ブラッドポイントビット、木材を掘削する方法、木材に穴を開ける方法、ドリルビット、ドリル加工機

どのように木材を掘削する?

ダウエルジグと組み合わされたbrad-pointビットは、最も一般的な方法であり、ドリル穴あけ用の最も正確なビットです。それは通常のねじれビットのような螺旋を持っていますが、螺旋ビットのような鈍い先端ではなく、先端に鋭いパイロットビットを備えたカッターを持っています。 これらのようなブラッドポイントビットは、一般的に最大10mmのサイズで使用可能であり、最後に切れ目を開始し、ビットを正しい場所に保持するポイントがあり、穴を開け始めると滑ることが防止されます。あたかもすでに結合されているかのように、2つの木材を一緒に組み立てます。両方のピースの穴の中心をマークするには、試しスクエアを使用します。穴の正確な位置に “X”を付ける。技術的には、穴の位置をマーキングした後、木材にビットを敷き詰めて掘削を開始してください。媒体を使用して高速で速度を加え、掘削中にビットを前後に動かして、穴から廃棄物を取り除くのを助けます。正しい深さの穴を掘るためには、掘削の深さのストップがない場合は、停止する必要のある場所のドリルビットの周りに粘着テープを貼って、視覚的ガイドを持たせることができます。あなたが掘削している材料の両面が見える場合、例えばドアハンドルのように、両側からマークしてドリルする方が良いでしょう。これは、あなたが木材を裂けないように、穴がまっすぐに完全に真っ直ぐであることを保証するのに役立ちます。ブラインドホールスポッターは、ダウエルセンターとも呼ばれ、ブラインドホールスポッターを使用すると、完全なダウエルジョイント用のダウエルホールを中心に合わせてドリルすることができます。ダウエルブラインドホールスポッターは、以前にドリル加工されたダウエルホールに適合します。シャープポイントは、調整用ダボ穴の位置を正確に示します。センターを鉛筆でマーキングすることが困難な場合、またはそれを正しく得る必要がある場合は、正確なダウエルジョイントにこれらを使用してください。最終的には、効率を維持するためにドリルビットを研削する必要があります。あなたが選ぶドリル加工機には多くの種類があります。情報に基づいた決定を下すためには、専門家の助けが必要です。詳細については、 PURROS Machineryのカスタマーサービスエキスパートにお問い合わせください。

Posted in 技術 and tagged , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です