大小のドリルビットをシャープにする方法のヒント

大型か小型かにかかわらず、通常の使用のある時間が経過すると、すべてのドリルビットが鈍くなります。鈍いエッジを有するドリルビットを使用することは、鈍いことが作業をより困難かつ長時間にさせ、作業中の材料に損傷を与える可能性のある事故を引き起こし、重大な傷害を招くこともあるので、効率的な作業方法ではない。このため、切断面を常に最善の状態に保ち、作業をより迅速に行うことができるようにする必要があります。この記事では、ドリルビットの刃先を鋭くする方法について説明します。さまざまな種類のビットチップがありますが、チゼルチップのドリルビットをシャープにする方法を見てみましょう。

ドリルビットには、2つの切断面が中央に並んで配置され、両方の切断面が角度60度で切断されています。

チゼルチップのドリルビットをチェックすると、角度を付けられたサーフェスにも非常に狭い角度で切断された別の平面があることがわかります。ドリルビットの刃先を形成するのはこの平面であり、ドリルビットと金属との間の空間は、金属がビットの動きを妨げないように穿孔され、それにより摩擦および抗力を減少させる。これは、救済領域平面

ドリルビット上の螺旋溝は、溝として知られている。ドリルビットが機能するときに作成された穴から切削された材料を引き出すのに役立ちます。

ドリルビットをシャープにしたい場合は、金属とドリルビットの間に隙間を作る2つの角度をつけた領域、つまり逃げ面をシャープにします。シャープニング後にドリルビットの一貫性を維持するには、両方の面が同じ角度になっていることを確認する必要があります。あなたはドリル加工機に刃先を露出させます2つの表面から少量の金属を除去する。

作業のためにグラインダーを配置した後、鈍いドリルビットをねじに挿入します。今度は、ベンチピンにマンドレルを支え、鋭利にするためビットを逃げ角に位置させます。

さて、粉砕機の分離ディスクを慎重に下げて、鋭利な部分に接触させます。角度を変えずに反対側の逃げ面角度についても同じ操作を行います。このプロセスを完了すると、ドリルビットがシャープになり、新しいタスクを実行できます。

大きなビットで作業している場合は、ベンチグラインダーを使用する必要があります。ベンチグラインダーは、通常、 ドリルビット研削するための2つの表面を有する。片面は粗く、もう片面は上質です。あなたのドリルビットが重い打撃を受けた場合、それを徹底的に研削するために粗い表面を使用する必要があります。しかし、ドリルビットがあまり鈍いものでなければ、ベンチグラインダーの細かい表面で行うことができる穏やかな研削が必要な場合があります。この技法は、大小のビットについても同じです。一貫した方法で逃げ角の鈍い表面からいくらかの金属を取り除きたいとします。

これに熟練するには時間がかかるかもしれませんが、一定の練習ではすぐにマスタードリルビットグラインダーになります。

今、ポータブルドリルビット研削盤PURROS社が製造した製品は、簡単かつ迅速にビットの研削を完了できます。このようなマシンがあれば、熟練した修理技術の不足について心配する必要はありません。

  • PG-13Sドリル研磨機自動ドリルビットシャープナー

    続きを読む

  • PG-26Aポータブルツイストドリル加工機

    PURROS PG-26Aツイストドリルビットシャープナーのポータブルグラインダー、ドリルビットシャープニングマシン

    続きを読む

  • PG  -  13Aドリルビットの刃物販売

    PURROS PG-13Aドリル研磨機1インチドリルビットシャープナー

    続きを読む

  • DIYドリルビットシャープナー、自動研削盤

    PURROS PG-13Bドリル研磨機、ドリル研削盤メーカー

    続きを読む

Posted in 技術 and tagged , , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です