ウッドドリルビット:センタービット

センタービットは、手持ちの木材でのボーリングのために強化されています。いくつかのレイアウトが実際に生成されています。 ウッドドリルビット:センタービット木材ドリルシャープマシンファシリティドリルビットは、かなり柔らかいスチール製であり、また書類で研磨することもできます。 この木材ドリルビットの側面には、 ドリルビットを刺激するだけでなく、唇のように木材の繊維を減らすための鋭い拍車があります。放射状の刃先は、開口部の底から木材を飛ばします。この変形例では、開口部からチップを取り除くための螺旋がほとんどまたは全くない。このビットはチップを取り除くために時々取り出さなければならない。ビットの機能は、円錐形のネジストリングです。これは、ビットが変形されるときに木材の中にねじ込み、木材にビットを右に引きます。ドリルビットをワークピースに押し込むような圧力は必要ありません。ビットを変換するトルクだけです。これは、ハンドデバイスにはしばしば適しています。半径方向の縮小側は、ビットの回転ごとに主ねじのピッチに等しい密度の木片を除去する。開口部から少しずつ引き出すには、木工用ワークピースの女性の紐を外すか、ビットの回転を回す必要があります。長期的に見ても、長期的に見ても、施設のビットはうまく減りません。主スクリューは、木目に沿って木材を取り出したり、分割する傾向があり、また半径方向の側面には長い木材繊維を穿孔する問題がある。いくつかのバリエーションには2つの刺激があります。一部のものは2つの半径方向の縮小面を有する。

Posted in 技術 and tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です