切削工具の種類(機械加工)

インサート付きの切削工具(割り出し可能なデバイス)

切削工具は、通常、インサートまたは変更可能な提案(先端工具)で作られています。これらの刃先には、ろう付けされた、結合された、または装置本体に固定された、異なる品目の製品が含まれている。提案のための通常の製品は、密封された炭化物、多結晶ダイヤモンド、また立方晶窒化ホウ素からなる。インサートを使用する装置は、フライスカッター(エンドミル、フライカッター)、工具ビット、および鋸刃で構成されています。

ソリッドカッティングツール

粉砕および探査のための通常の装置は、予測不可能なインサートを有していない。カッティングエッジとシャンクも1つのシステムであり、まったく同じ製品で構成されています。小さなデバイスは交換可能なインサートでは開発できませんでした。

切削工具の種類( 切削加工

ストレートカッティングツールは、ツールビット(シングルポイントカッティングツール)から構成されています。回転式切削工具は、ドリルビット、カウンターシンク、カウンターボア、蛇口から構成されており、また、カッター、リーマ、およびチルドソーブレードを破砕します。バンドソーブレード、ハッソーブレード、およびフライカッターのような様々な他の切断工具は、直接作用および回転作用のファセットを組み込んでいる。

保有者

CNC工具内に切削工具を使用するには、その工具をメーカーのピンまたはタレットに配置するのに必要な基本的な工具が必要です。 CNCフライス盤の場合、所有者は2種類あります。シャンクテーパー(SK)と中空シャンクテーパー(HSK)があります。 ツールとカッターグラインダーを使用して、ツールのビットをグラインドすることができます。

ツール設定

標準的な所有者、デバイス、および挿入物からデバイスを組み込む方法についての徹底したガイドラインは、デバイス管理の救済策として保持することができます。

製品リンクの紹介:

アドバンテージ

ユニバーサルカッティンググラインダーPG-U3を使用して、高速および超硬チップの切削工具の片側または多方向のあらゆるエッジを研削することができます。 HSSおよびカーバイド彫刻カッターを研削するためのPG-U3、半径カッターまたはカッターの負のテーパー角度などの様々な形状のシングルリップまたはマルチリップカッターグラインダーのインデックスヘッドは、角度や形状を簡単に磨くことができる24方向に加工することができます。複雑な手順を経ずに分割ヘッドの取り付けを交換するだけで、エンドミルカッター、グラバー、ドリルビット、旋盤ツール(旋削工具)、ボールエンドカッターなどがあります。カッターホルダーはフルベアリングタイプで、高精度で長寿命です。研削ミルカッター、旋盤工具(旋削工具)、ドリルビットなどに使用できます。ユニバーサルカッティンググラインダーのU3には、カーボランダムホイールが装備されています。

Posted in 技術 and tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です